奨学金

奨学生採用候補者決定通知と進学届って知ってますか?

マスクが世の中に無くて困りますね…本当に必要な人へ、必要な数が届く事を願ってやみません。

さて、本日も奨学金についてのお話です。

奨学金を申し込んだ皆さん、「奨学生採用候補者決定通知」「進学届」ご存知ですか?
入学したら大切になるキーワードです。

奨学生採用候補者決定通知 とは?

進学が決まり、高校卒業を控えワクワクしている方!
高校では奨学金の手続きしましたか?
奨学金の「予約採用」というものですね。
手続きをしていない方は、「在学採用」があります。
進学先の学校で手続きをしましょう。

予約採用の手続きをした方は、高校で2枚の紙を渡されましたね?
「奨学生採用候補者決定通知」です。
お手元にちゃんとありますか?
無くしていませんか?

【進学先提出用】

こちらの用紙を進学先の奨学金担当窓口に提出します。
無くしてしまった場合は、進学先の学校で再発行が可能です。
しかし、再発行には個人の登録番号 (学校番号・区分(8桁)-100又は107-通し番号(5桁))と印鑑が必要です。
個人の登録番号は、出身高校に問い合わせないといけません。
お世話になった奨学金担当の先生に確認しましょう。

進学届とは?

進学届とは、予約採用の時に利用した日本学生支援機構(JASSO)のスカラネットの入力になります。

進学届には、個人のパスワードの他、進学先で教えてもらう学校ごとのIDとパスワードが必要です。
個人のパスワードと学校ごとのIDとパスワードが揃ったら入力ができます。

学校ごとのIDとパスワードは、「奨学生採用決定通知(進学先提出用」と引き換えに教えてくれる学校、説明会がある学校、と学校によって違いがあります。

入力期間も学校によって違いますので、きちんと確認しておきましょう。

入力が遅れると、奨学金の振り込みが遅くなりますのでご注意を。

奨学金に関する説明会は、忘れずに必ず出席するようにしましょう。
説明会に出席しないと、手続きが進みません。

私達スタッフも、手続きが分かりやすくスムーズに行えるよう心掛け準備を進めております。
一緒に頑張りましょう!